topimage

2017-08

70年代のフェンダー・プレシジョンベースのリフレット - 2012.06.07 Thu

今回は70年代のフェンダーのプレシジョンベースのリフレット。


プレベは1951年からフェンダーで販売され始めたエレキベースで、

フレットをネックに打ち付けることにより、誰でも正確な音程が出せるという事でのプレシジョン。

昔話はここまで。



これもこの前の70年代テレキャスターデラックス同様、窓際に放置されていたそうで…

70年代プレベのリフレット1


オー!またもや塗装がヘッド以外剥がれかけております(というか剥がれている…)



ということで、フレットを抜き、ヘッドのトップ面以外の塗装を剥がし、指板面のRと直線を整え、ネック全体を研きます。

70年代プレベのリフレット2

当然のことながらヘッドトップと色が違ってしまいます。

ヘッドだけ黄ばんだ色ですね(指板面はメイプルの白い感じがむき出し)。

ヘッドトップはオリジナルの塗装が乗ったままで、他の部分は研磨しています。
今の状態では木がむき出しなのでこんな違いが出ます。


70年代プレベのリフレット3
近づくとこんな感じ。




今回はオイルフィニッシュなので、ラッカーを吹きつける段階での小細工ができません。

なので、フィニッシュするオイルと、フィニッシュする前の木地に小細工をして、
ヘッドトップと色を合わせます。

この作業が難しいけど楽しいところですね~

どこまでわからなくできるか!



結果:
70年代プレベのリフレット4



ヘッドと比較しましょう!
70年代プレベのリフレット5



握りの面は?
70年代プレベのリフレット6



ヘッドトップはラッカーが吹きつけてあり、今回作業した部分はオイルなので質感は同じには出来ませんが、色の感じはあっているのではないでしょうか?



メイプル指板の場合は塗装が必要になるので、料金はちょっと割高です。
しかし、持ちうる技術を総動員して違和感が少なくなるように仕上げます!

スポンサーサイト

自分が欲しいのでデザインしました - 2010.11.23 Tue

以前から楽器以外の「Loveless」グッズとして高級コースターを製作しております。


オーダーメイドのギター&ベースに使用している木材を使用し、楽器と同じ貝を使用したインレイを入れています。


コースターにバカバカしいほど手間がかかっており、そのバカバカしい作業を真剣にするのが楽しかったりします。


IMG_coaster4.jpg

IMG_coaster1.jpg








新しい「Loveless」グッズやります。
少し前に日記に書いたクロスです。

20cm四方で少し小さいですが、楽器、メガネ、なんでも綺麗に拭けるマイクロファイバーです。

P1000502.jpg


写真はサンプルです。
デザイン&色は変えて発注しました。


今回は二種類のデザインで発注しました。
どんなデザイン&色かはまだ秘密です。

売切れたらデザインを変えて発注しますので、各デザインは一回こっきりです。

気に入ったら早めにゲットしてください。



詳細は物が入荷したら書きますね!






そして、こんなのはどう?


P1000570.jpg

P1000565.jpg

P1000568.jpg

P1000569.jpg


Lovelessステッカーです。
パールのベースにプリントしてもらったので高級感があります。
当然木村君のお兄さんの会社にお願いしました。


こいうのを考えている時って楽しいんだよな~



みなさん何卒よろしく。

スピーカーケーブル - 2010.03.01 Mon

前に書きました、ブラックロジューム社のスピーカーケーブルなんですが、やはりいいです!


昨日、常連のMさん来店。


フレットすり合わせのリペアでお預かりをしていたブロードキャスターの引き取りです。



最近購入したフェンダーのアンプ「ブルースジュニア」を持参。


スピーカーはジャンセンに交換したとの事です。


スピーカーケーブルはベルデンの黒オレンジが付いていました。




私:MさんSPケーブルためしてみる?

Mさん:やるやる。でもそんなに変わるの?

私:取り敢えず弾いてみて。

---作業---

私:どうぞ

Mさん:ホイホイ。


とりあえずAをバーンと鳴らしてみる


Mさん:…これにします。



今までと同じセッティングなのにレンジが広がった分、出音が大きく感じます。
ロー、ミッド、ハイともハイファイになりすぎず、音が広がります。

詰っていたところがスコーンと抜けて、全開になった感じでしょうか。


おすすめです。


今まで
①自分のマーシャルキャビの内部配
②自分のSPケーブル
③お客さんのVHTのヘッド用のSPケーブル
④お客さんのマーシャルキャビの内部配線
⑤お客さんのEBSのベースキャビの内部配線
⑥お客さんのDiezelのヘッド用のSPケーブル
⑦お客さんのフェンダーブルースジュニアの内部配線

やりましたが、外れ無しです。
ビンテージ系からモダン系までバッチリいけます。


アンプを買い換える前にやってみると、変わるもんですよ~
面白いです。



ヘッドとキャビを繋ぐケーブルの製作OK
キャビのスピーカー同士のケーブル交換OK
コンボの中のSPケーブル交換OK


オーダーギターが仕上がり間近! - 2009.06.17 Wed

昨年末にオーダーを頂いたギターがようやく今週末に仕上がりそうです。

Lovelessの「Hatchet」をHPで見て気に入っていただき、それをベースにオーナーの好みを入れて設計しました。

web_1531.jpg


詳しくは完成後にアップします。

これでも結構仕事をしています - 2009.01.08 Thu

今日はオーダーを受けたお客さんが図面確認で来店。

そしてノッチも来店(助かったよありがとう!)

三人で色々話しつつ、今店を閉めて夕食。



ギター製作の方はオールマホのCorzyのバフ終了。
IMG_1211.jpg

IMG_1212.jpg



今回は黒です。

明日から組み込みだ!



そして明日はDOIMOIのライブです!
早めに仕事を切り上げて今池へGO!!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター