topimage

2018-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元教え子からのオーダー製作記 完成編 - 2018.02.15 Thu

新しい情報はフェイスブックをチェックしてください。
ここ→Lovelessのフェイスブックページ


乾燥が終わったので組み込みに入ります。
CIMG1992.jpg

写真を撮り忘れていまして、、、完成です。
CIMG1993.jpg

CIMG1994.jpg

CIMG1995.jpg

CIMG1996.jpg

CIMG1997.jpg

CIMG1998.jpg

CIMG1999.jpg

CIMG2005.jpg

(仕様)
モデル名:妖妃
ボディ:スワンプアッシュトップ+コリーナバック
ネック:コリーナ
指板:エボニー
ペグ:マグナムロック
ナット:グラフテック
インレイ:macho & mucho
ピックアップ:フロント/ダンカン JAZZ、リア/ダンカン カスタムカスタム
ブリッジ:T.O.M+STP
コントロール:1VOL,1TONE、トグルスイッチ

「とにかく軽量で良く鳴るギターが欲しい、ローよりミドルが少し強い方がよい」という事でスペックを考えました。
実際の音は、オーナーが調整に持ち込んだ時にでも本人に出してもらいしょうかね、少々お待ちください。

無事完成いたしました!!
ステージで大暴れすることを祈っております。

オーナー Juntoのバンド「Alize」はこちら→https://alizehp.jimdo.com/
こんな音→https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=9L2GY9JjGyI




スポンサーサイト

元教え子からのオーダー製作記3 - 2018.02.02 Fri

新しい情報はフェイスブックをチェックしてください。
ここ→Lovelessのフェイスブックページ

前回からの続きです。

line_1509949218567.jpg
これを加工して↓こんな感じに変身させます!

CIMG1976.jpg

line_1510126760148.jpg

Lovelessの「HATCHET」シリーズでやっている加工ですね
CIMG1977.jpg

オーナー立ち合いで最終的な色のバランスを確認。
オーナーと話しながら、本人の好みにその場で変えてゆき完了です。
今回はオーナの意向で上の写真よりも激しくなっておりますね~
オーナー自身が確認しているので、100%好みのところまで加工できます。

オーナー登場↓
CIMG1989.jpg
このあとはトップコートです!

今回は艶消しラッカーで仕上げます
CIMG1991.jpg

CIMG1990.jpg


さて、乾燥させていよいよ組み込み~完成です。
次回は完成編です。

元教え子からのオーダー製作記2 - 2018.01.22 Mon

新しい情報はフェイスブックをチェックしてください。
ここ→Lovelessのフェイスブックページ


新年も明けてしまいまして、前回からもすごく時間がたってしまいました。
当然このギターはすでに完成しオーナーの元へいっております。
その辺の早い情報はフェイスブックやツイッターを見ていただければと思います。

ここ数年更新頻度が低いですが2005年に始めたブログなので、細々とでも続けていこうと思っています!
更新は少ないと思いますがお付き合いいただければと思います。


さて、製作の続きです。

フレットを打ち込みます。
今回はジャンボフレットです。
CIMG1926.jpg


ノイズ処理をして、木地調整に入ります。
CIMG1930.jpg

いよいよ塗装です。
まずはヤニ止めを塗布します。
CIMG1944.jpg

そして目止め
CIMG1945.jpg


サンディングシーラーを吹き付けて
CIMG1953.jpg

研きます
CIMG1959.jpg


そして着色です。
今回は少々変わった方法で着色し仕上げます。
CIMG1967.jpg

吹き付け完了。
この後、細工をして仕上げます!!
line_1509949218567.jpg


今回はここまで。
次回はこの黒いギターが大変身!

お楽しみに。


元教え子からのオーダー製作記 - 2017.11.14 Tue

新しい情報はフェイスブックをチェックしてください。
ここ→Lovelessのフェイスブックページ



さて、前回からかなり時間が空いてしまいましたが、オーダーギター製作の続きです。


まず、TOP材(スワンプアッシュ)とバック材(コリーナ)を接着します。
接着する前に配線を通す溝などはザグっておきます。
line_1504257660493.jpg



乾燥したら外周を切り出し、形を整え、トップ面のアーチを加工し、バックのカットやザグリやRを加工します。
写真を撮り忘れたので一瞬で過ぎ去ります。。。
line_1504766234708.jpg


line_1505282297886.jpg

line_1507192267005.jpg


次にインレイの加工へ!
今回は猫のインレイですので、白蝶貝を糸鋸で切り出します。
貧乏工房なので手で切り出して、その形に指板を掘り埋めます。
line_1503296553704.jpg

IMG_20170901_102734.jpg

ネックの加工に入ります。
CIMG1873.jpg

トラスロッドの溝を掘って、えいやっ!と加工してネックにします、、、写真を撮り忘れているのよ
そしてボディに接着!
続いて指板も接着!!
line_1507194315050.jpg

line_1507258975622.jpg

そしてネックの握りを仕上げます。
CIMG1910.jpg


ネックの握りをオーナーに確認してもらいます。
CIMG1915.jpg

オーナーのリクエストに従い、その場で微調整を行います。
CIMG1917.jpg

CIMG1918.jpg
今回はヒールの形が多少崩れても24Fまで指が届きやすくしたいということで調整を行いました。

オーナーのOKがでてフレット打ち、木地調整、塗装へと進んで行きます♪
それは次回で。


ギター、ベースの調整、改造、製作はお気軽にお問い合わせください!
HP:http://www.lovelessguitar.com/


オーナーの思いを受けきれるか - 2016.02.19 Fri

オーダーで製作したギターと半年振りに再会。
納品後の一年点検です。

DSC00676.jpg


ネックが少し反っていましたが、他は特に問題も無く、
再セッティングし引き渡し待ちです。


DSC00677.jpg


変わったところといえば、ラッカーが焼けて黄色味が少し強くなったかなというところでしょうか。


DSC00678.jpg


おっと、音は結構変わってきていました。
鳴りが大きくなっていて、弾いている時のネックの振動を強く感じました。

思わずメタリカの Master of Puppetsを大音量で弾き続けてしまいました。
Master of Puppetsってのはこれね


こういう音を奏でるために、オーナーが何年も仕様を考え続けて、貯金をして、私と意見交換をして、やっと状況が整い、発注して、待って、待って、待って出来上がったギターです。

今までオーダーで製作させてもらったギターやベースにはそれぞれ物語があり、何よりオーナーの強い思いが込められています。

その思いを熱いまま封入するべく、持ちうる技術と情熱を注いで作っています。

平均値ではなく絶対値じゃないと「思い」を受けきれずにもれてしまいそうな気がします。



お待たせいたしました。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。