topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラルクのtetsuモデル風ピックガード製作2 - 2012.06.04 Mon

え~と、前回の続きです。


レイクランドの5弦ベースに、ラルクのtetsu風のピックガードを製作する!
レイクランドのベース



このベース用にアクリルで透明のピックガードを製作するというお話です。


工程については前回を参照ください。



完成しました。
ラルクのtetsuのベース風ピックガード製作



ラルクのtetsuのベース風ピックガード


自然に仕上がったと思います。

tetsu風ですね~
ラルクのtetsuのベース

このイメージです。


オーナーがESPのtetsuモデルのピックアップとアクティブ回路を持参されたので、

この後それも取り付けました。


こんなふうに憧れのアーティストモデル風に改造してゆくのもいいと思います。
スポンサーサイト

ラルクのtetsuモデル風ピックガード製作 - 2012.05.31 Thu


レイクランドのベース

レイクランドのベースに


ラルクのtetsuのベース


ラルクのtetsuモデル風のピックガードをワンオフで製作して欲しいとのご依頼です。



キルトの杢を活かすために透明のアクリルで製作します。



完成品にワンオフでぴったり合うピックガードを製作するのは結構大変です。


①だいたいのデザインを考える

②パーツをバラす

③型紙の原型となる型紙を製作する

④原型を元に型紙を製作する(何回も作り直す場合もある)

⑤型紙を元に現物を製作する


③、④あたりが肝になりますね。


型紙がしっかりできれば、後はそれ通りに作るだけですからね。



さてさて始めますか!

フライングVのピックガード - 2012.05.25 Fri

お客さんから「ギブソンのフライングVのピックガードが割れました」との電話が…


どうも演奏中にシールドを踏んづけたままジャンプしようとして、

ジャック部から割れたようです。


この写真は少し加工に入ってしまっています。
P1010140.jpg


ジャックを無理やり引っこ抜いた感じで割れています!
割れた瞬間が目に浮かびます。


修理方法は大まかに二つ

①全体を作り直す

②適当なところから切断して、途中からつくり直す




今回は②でやります。

元々のピックガードが日焼けして変色しているので、②の加工の場合色を合わせるのは困難。
やるならベースと違う色または素材で製作し、その違いをデザインに昇華できれば大成功。
具体的に言うと「フェンダージャガーのピックガードと金属のコンパネのマッチング」的なイメージです。



写真の位置から切断します。
そうすれば、電気系を修理するときにも作業ししやすい!
P1010141.jpg




お客さんのライブが週末にあり、その時使いたいとのことで時間がない。
ということで、今回はミラー素材で製作。

ミラーなので鏡のように反射します。
ステージでスポットが当たると「キラッ」と光って映えそうです。

P1010143.jpg
天井の模様が写りこんでいますが…

P1010142.jpg



格好よく出来たのではないでしょうか!

個人的には気に入っています。


オーナーにも満足していただけました。


修理の方法は色々です。

ワンオフ・ピックガード製作なんてのも気分が変わっていいもんです - 2012.05.18 Fri

楽器演奏を趣味や仕事にしていると、


「このベースいいと思うんだけど、ピックアップがハムバッカーだったらな~」


とか


「昔買ったギター3シングルなんだけど、今のバンドだと2ハムバッカーがいいんだよな~」



なんて思うことは日常茶飯事だと思います。



こういう事を思い悩み、「新しいのを買おうか」、「エフェクターで何とかならないか」、
なんて思考のループに入るのも楽しみの一つ。


色々考え、迷い、理想の楽器を演奏している自分を夢想し、現実に愕然となり、

理想を実現するための計画を練り、その理想も一週間で変わってしまったり…



楽しいですね~


無限ループですけど(笑)。




そんな時、改造でなんとかなる場合もあります。



昔から気になっているプレベなんだけど、ピックアップはEMGのハムがいい。
ルックスももう少しメタルな感じで。
ということでザグリ&ワンオフピックガード製作


P1000722.jpg


        ↓

P1000725.jpg




ピックガードを違う色の素材で作り直したい!

ピックガードの形を変えたい!

なんてことも出来ますよ~




HP更新しました。
リペア例が溜まってしまっているので、来週もUPします!

http://www.lovelessguitar.com

ジャズマスター - 2011.07.27 Wed

ジャズマスターの方がジャガーより使いやすけど、ルックスはジャガーの方がいい。



なんて思っている人は案外居そうです。



僕もジャズマスターのピックガードがイマイチ好きになれません。


そこで、コンパネ部分だけジャガーのパーツを移植。


元はこれ
P1000811.jpg





P1000819.jpg

P1000818.jpg


ピックガードにもともとのヴォリュームが付いていた穴が残るので、ピックガードも作りなおせば完璧。


こんな改造をしたい人って案外多そうです。



吊しの既製品を改造して好みの一本にするのも楽しい。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。