topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

77年製ミュージックマン・スティングレイのリフレット依頼 - 2015.10.14 Wed

今回は昔から通って頂いているお客さんのバンドメンバーの方のスティングレイのリフレットです。




77年製なんですが、当時中古として購入してずっと使っているとのこと。




DSC00310.jpg
その時は当然ヴィンテージではなく普通の「中古」扱いで驚くほど安かったそうです。



しかしこのベース問題があります。

全体的に塗装が緩んでいるのです。
爪で軽くこすると塗装が剥がれるくらいユルユルです。。。。。
DSC00314.jpg

DSC00311.jpg






「なんだかネックがネバネバするんですよね~」とオーナー。


塗装が緩んでいるのですが、一般のユーザーにはそれがわかりません。
ですから、「何かネバネバする、でもまぁこんな物か」とそのまま使われている方が多いと思います。
塗装を剥がしてリフィニッシュすれば直りますよ~



ということで、リフレット時に指板の塗装は剥がすので、同時にネックも剥がしてリフィニッシュすることになりました。
今回はボディの塗装は無視してネックだけです。


まずはフレットを抜きます。
指板の塗装が緩んでフレットを包み込んでいます、さらにフレットが錆びて喰い切りが入っていきません、、、、、、
今までで一番抜くのに苦労しました。
DSC00315.jpg
塗装と汚れと錆で指板が凸凹です。。。。



頑張ってフレットを抜いて、指板調整しました。
指板面はメイプルの白味が眩しいです!
DSC00316.jpg

DSC00317.jpg


握り側も塗装を剥がします。
どこまで剥がすかですが、ヘッドのロゴは残したいのと、ヘッドの傷や凹みも残したほうがボディとのマッチがいいのとで、ヘッドの表裏は残します。
DSC00318.jpg

DSC00319.jpg


ヘッドは塗装が焼けてあめ色、ネック&指板は塗装を剥がして真っ白。
ここの色を合わせてマッチさせるのが腕の見せ所です。
DSC00333.jpg

DSC00335.jpg

DSC00334.jpg



どうでしょうか?
いい感じにマッチできたのではないでしょうかね。


で、フレットを打って、組み込んで完成です。



オーナー登場!
DSC00360.jpg


大変喜んで頂けました。
またよろしくお願いします。


(お知らせ)
10/1よりリフレットの料金形態を改定いたしました。
お客さんからのリクエストも多く、料金のカテゴリーを細分化しました。
それにより5000~8000円ほどお安くなりました!
詳しい見積もりは実物を拝見させていただきますが、この機会にリフレットして弾きやすい楽器を弾いてはいかがですか。
お問い合わせはお気軽に!

HP:http://www.lovelessguitar.com






スポンサーサイト

70年代のフェンダー テレキャスターデラックスのリフレット - 2012.05.23 Wed

どうやら長年窓際に放置されていたそうです。


このテレキャスター。


70年代のものなんですがね…



塗装がこんなことに!
P1010100.jpg



P1010102.jpg


ボディーはまだ大丈夫そうですが、ネックは指板面も裏側もベロベロ。

「うっかり日焼けしてしまった夏休み」のようです…



リフレットとネックのリフィニッシュで蘇らせます。

オーナーは何とか蘇生させてステージ使いたいとの事。



黒いシミは取りきれないと思いますが、その他はそれなりに綺麗に仕上がる見込み。

という感じで作業スタート!




フレットを慎重に抜いて、

ヘッドトップ面以外の塗装を剥がし、

ネックを研き塗装の下地を作る。


今回はオーナーの希望でオイルフィニッシュです。


色々な作業はあるのですが割愛して、

完成!

P1010132.jpg




P1010131.jpg



ナット交換、配線はウエスタンの60年代のデッドストック、コンデンサーはビタミンQのデッドストックに交換。

枯れたいい感じのサウンドです。

センターポジションでのカッティングが気持ち良い!



古いギターも直せば使えます!

スタインバーガー - 2009.05.13 Wed

なんだかマックの新しい商品のような名前ですが、


ギターの話しです。


スタインバーガーの修理の依頼が入りました。
IMG_1493.jpg


珍しいですね~


「トーイ」ジェネレーションなんで、スタインバーガーにはクラクラきます。




ギブソン、フェンダー(品質はおいといて)以外にオリジナルと呼んで良いギターはスタインバーガーしかないと思っています。

その他は、Lovelessも含め乱暴に言ってしまえばコピーです。



私もいつか胸を張って「オリジナルです」と言えるギターを製作します。

それが最終的な目標だったりします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。