topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう4月になっていた~ - 2017.04.04 Tue

最新情報はフェイスブックページをチェックください!
https://www.facebook.com/lovelessguitar

前の更新が1月とは、、、

年末からリフィニッシュ、オーダーギター製作と少々たてこんでおりまして早4月。
ひと段落着きましたので今なら作業の仕上がりも早いです!
なにとぞ宜しくお願いいたします!!

まずは、BIOREDの小鉄氏のオーダーギターの紹介から行きます~

CIMG0906.jpg

CIMG0907.jpg

CIMG0909.jpg

CIMG0908.jpg

CIMG0915.jpg


モデル名:斬

ボディ:超軽量マホガニー
ネック:超軽量メイプル
指板:メイプル
スケール:ロング 24F
ペグ:GOTO マグナムロック
ブリッジ:GOTO ハードテイル(裏通し)
ピックアップ:EMG 81X(18V仕様)
コントロール:1VOL
塗装:木地着色&特製オイルフィニッシュ

スペックは上記のようにシンプル。
オーナーからの最大のリクエストは「軽く」
長年Lovelessに通っていただいており、以前にベースもオーダー頂いている小鉄氏なので、どのような音が出したいのかは十分理解していますので、軽量化と音のバランスをどうとって製作するかが鍵でした。

小鉄氏には作りと音に関しては信頼していただいており、ギターのデザインと「軽量」とだけ指定いただき後は任せてもらいました!

軽量化についてはとにかく軽くてミドルが強く出るマホガニーを探し、何十枚も調べてようやく納得できる材を見つけました。
ネックのメイプルに関しては軽量でなるべく下が出る材を探し、これまた何十枚も調べて見つけました。

今回は構造も塗装もシンプルですので、「材」の選定が凄く重要でした。

そんなこんなで買い付けた材をガシガシ加工して完成したのが「斬」であります。
めちゃくちゃ軽量に仕上がりました~

鳴りが大きいく、狙い通りミドルが少し強く出るので、ヘヴィーメタルの音を作りやすいと思います。
結局、そのギターが出していない周波数の音はイコライジングしても出ないですからね、0に何をかけても0なわけです。

出ているものは削れるので、出ているものを削る音つくりができる楽器はセッティングが自由自在ですね。
出ていない楽器は、どこまで行っても出ないので、音を作ることができませんよね、音量ばかりが上がっていってしまう感じでしょうかね。

エフェクターの使い方も同じなんですが、引き算で音を作っていくべきだと私は考えます。
足し算でやっていくと、ノイズもたされて、それを引くためにまた何かを足したりして本末転倒しやすいですからね。

話を戻して、この「斬」ですが小鉄氏に気に入ってもらい一安心で納品いたしました。
今回のシングルのレコーディングには間に合いませんでしたが、ライブ会場なので音とルックスをご確認くださいね~


そして、4/1でLovelessも9周年、ついに10周年イヤーの一年に突入しました。
皆さんのおかげで続けさせて頂いてます。
田舎の小さな貧乏工房ですが今後ともよろしくお願いします!


今ならリペア、改造、オーダーすぐ取り掛かれますよ~









スポンサーサイト

本年もよろしくお願いします - 2017.01.06 Fri

明けましておめでとうございます、本年もLovelessを宜しくお願いいたします。



フェイスブックを始めてからブログは放置気味になっており久々の更新となりました。
あっちの方が手軽で、タイムリーに書けるので、ついついこっちが疎かになります。


フェイスブック⇒https://www.facebook.com/lovelessguitar


とはいえ、2005年から続けているので、細々と継続しようと思っておりますのでお付き合いください!


昨年の11月からは、

P1020710.jpg
フィンガーランプ&スロープのオーダー製作をしたり、


DSC01466.jpg
ストラトのピックアップレイアウトを改造したり、


DSC01467.jpg
Lovelessオリジナルキャップを製作したり、


P1020767.jpg
フェンダージャパンのストラトのリシェイプをしたり、


その他もろもろのご依頼をいただきやらせていただいておりました。
今年も面白い改造や製作をご依頼いただくべく、精進してまいりますのでよろしくお願いいたします!!





フラグ立ってない!? - 2016.02.23 Tue


久しぶりにWATER ROOMのPVを観た。




もう8年近く前の動画なんだな、、、
岐阜に工房を構えた頃の事だったとは、月日がたつのは本当に早い。


Vo&Gtの青木君は楽器製作学校講師の時の教え子で、私が工房を構えた後も色々交流が続いている。


世間にもまれて、社会人として成長していっているその姿は、19歳の時の彼からは想像もつかない。

青木君に限らず、学校で教えた卒業生と会うと、皆それぞれ自分なりのスピードで、社会にしっかり適応してゆき、言葉使いや気の使い方がきちんとなっていることにいつも驚かされる。

楽器屋で働いている奴、ラーメン屋をやっている奴、居酒屋をやっている奴、掃除屋をやっている奴、バンドをやっている奴、ギターメーカーにいる奴、独立して工房をやっている奴、レーベルをやっている奴、フラフラしている奴、結婚した奴、親になった奴、その他、再会していないけど皆「何者か」になろうともがいている。


私が知っている彼らは、そんなんじゃなかったからね。
19歳の若者なので当然ですが。


今となっては、私のほうが皆よりしっかり出来ていない可能性があり、しっかりしようと決意を新にしたのでした。

8年前のPVを観てたら、皆の顔が思い浮かびそんなことを思った。




やべ!これって映画だと「死んじゃう人フラグ」立っちゃってない!?






道具選び - 2016.01.22 Fri

私は数年前からゴルフをやっています。


ゴルフは14本のクラブを使用してプレイするスポーツです。


ゴルフが好きなミュージシャンが多いのは14本もの道具を駆使して行うスポーツなので、道具好きが多いバンドマンがハマるのではないかと思ったりしています。



私もそんな一人なんですがね。。。




DSC00613.jpg

三浦の1006を久しぶりに打ちました。
三浦の1006というのは、この写真のアイアンの事で、「三浦技研」というメーカーが製造したCB1006というモデルです。

組み立ては、ギターが縁で知り合った四日市にあるゴルフ工房「田中ゴルフ」です。

三浦技研というのはいわゆる大手の量産メーカーではなく、少量生産でヘッド部をパーツでゴルフ工房へ卸したり、大手のOEM生産を手がけたりしている職人会社です。



5年くらい前、まともに打てもしないのにあまりに格好良くて買ってしまい、このアイアンで競技ゴルフを始めました。



この美しいアイアンはミスに厳しく、実力以上の無理をするときっちりペナルティを課してくれます。

その後、競技で良い結果が欲しくて、現在は自分の力に合ったこのアイアンとは正反対のミスに凄く寛容なアイアンを主に使っています。



ただ、イージーなアイアンにしたから凄く良い結果がでたかというと、そんなことは無い(多少はあるけどね)。。。

その「多少」がなかなか埋まらないところなので、変えた意義は十分あるとも言えるんだけど、それはこのアイアンのような美しさは微塵も無い道具なわけです。



この7番アイアンの写真を私は「美しい」とか言っているけど、「何がどう美しいの?」と疑問に思う人が大多数でしょう。



ここが趣味の醍醐味ですよ~



それが好きな人にしか共感してもらえない、この純情な感情が私にとっての趣味の一番大事なところです。


柔らかい軟鉄素材ゆえに各所についた「当り傷」、構えた時のトップブレードのライン、、、美しい。




ギターもそう、ギターの場合は仕事でもあるのでもっとマニアックになってしまっており、もう「木材の杢がどう」とかではなく、「配線材の被覆の美しさ」、「コンデンサーの印字のフォントの格好良さ」、などちょっと危ない感じになってます。

ギターを製作する時には「鉋」や「小刀」を使うのですが、このような道具も美しい物に惹かれます。



もしかすると私の趣味は「ギター」、「ゴルフ」、「バイク」とかではなく「道具」なのかもしれません。

「どの道具をどのような時に使うのか」、「この時のためにこんな道具を入手する」なんて事を考えている時が凄く楽しんですよね。






で、打ってどうだったかというと、それはまぁ。。。








 - 2015.03.19 Thu

最新情報はフェイスブックページをチェックください!
ほぼ毎日更新しています。



ウチには現在2匹の猫が居ます。


夏の暑い時期を除いて、日中彼らは猫ベッドで寝ていることが多いです。


私たちが部屋に居る時はそばに寄ってきて寝ていますが、人が居ない時は猫ベットで丸くなっているのです。


その猫ベッドは4個おいてあります。


古くなってきて買い足したり、ベッドの材質や大きさの違いで買い足したりで、現在は4個です。




4個あるのに人気が有るのは1個、、、、、
P1020526.jpg
明らかに定員オーバー





置いてある場所が人気の原因かと思い、置く場所を代えてみましたが、、、、、
やはりこれに入りたがります。






P1020521.jpg







これは4個のうち二番目に古くてボロいのですが、なぜか一番人気。



サイズなのか、形なのか、、、、?
買ってきたその日から大人気でした。
当時は3匹いて、全員これに入りたがりました。




何故なのか?



もしかして、この人気の謎にヒット商品や商売成功の大きなヒントが隠されているのでは!?




・・・・


・・・・


・・・・


・・・・


んなワケないか・・・・・









そんなくだらないことをぼんやり考える春。
P1020524.jpg





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。