topimage

2012-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラルクのtetsuモデル風ピックガード製作 - 2012.05.31 Thu


レイクランドのベース

レイクランドのベースに


ラルクのtetsuのベース


ラルクのtetsuモデル風のピックガードをワンオフで製作して欲しいとのご依頼です。



キルトの杢を活かすために透明のアクリルで製作します。



完成品にワンオフでぴったり合うピックガードを製作するのは結構大変です。


①だいたいのデザインを考える

②パーツをバラす

③型紙の原型となる型紙を製作する

④原型を元に型紙を製作する(何回も作り直す場合もある)

⑤型紙を元に現物を製作する


③、④あたりが肝になりますね。


型紙がしっかりできれば、後はそれ通りに作るだけですからね。



さてさて始めますか!
スポンサーサイト

板と棒をネジで止めただけじゃん - 2012.05.29 Tue

Lovelessに「Devotion」というモデルがあります。


これは「Corzy」と「Hatchet」という2モデルを設計した後、

両方のいいところを1本にしたモデルを製作する意図で設計しました。


そんな生い立ちなので、設計当初からこのモデルで

①セットネック(アーチドトップ)

②セットネック(フラットトップ)

③ボルトオンネック

④スルーネック

という構造的なバリエーションモデルの製作を予定していました。



IMG_1513.jpg


IMG_1511.jpg
写真の「Devotion」はセットネック(アーチドトップ)構造で、
ゼブラウッド・トップ&ホンジュラスマホガニー・バックという特殊な木材構造です。



特にこのモデルのセットネック・フラットトップモデルは、自分用にオールマホガニーでピックアップをダイナソニックで…

なんて3年くらい前から考えていました。







そんなこんなで時間ができたので、

新しいギターを作りはじめました。




今回つくりはじめたのは、



ボルトオンのモデル!


自分用のセットネックを作ろうか迷ったんですが…

ボルトオンモデルで試したい事が色々あり…

結局自分用は後回しです。




昨日ネックと指板を接着しました!

アルダーボディー&メイプルネック&ローズウッド指板。


ハードテイルブリッジ&3シングルピックアップでチープなガレージバンドサウンドを目指します。


「板と棒をネジで止めただけじゃん」というフェンダーテイストを色濃い目で。



詳細は随時UPします!

フライングVのピックガード - 2012.05.25 Fri

お客さんから「ギブソンのフライングVのピックガードが割れました」との電話が…


どうも演奏中にシールドを踏んづけたままジャンプしようとして、

ジャック部から割れたようです。


この写真は少し加工に入ってしまっています。
P1010140.jpg


ジャックを無理やり引っこ抜いた感じで割れています!
割れた瞬間が目に浮かびます。


修理方法は大まかに二つ

①全体を作り直す

②適当なところから切断して、途中からつくり直す




今回は②でやります。

元々のピックガードが日焼けして変色しているので、②の加工の場合色を合わせるのは困難。
やるならベースと違う色または素材で製作し、その違いをデザインに昇華できれば大成功。
具体的に言うと「フェンダージャガーのピックガードと金属のコンパネのマッチング」的なイメージです。



写真の位置から切断します。
そうすれば、電気系を修理するときにも作業ししやすい!
P1010141.jpg




お客さんのライブが週末にあり、その時使いたいとのことで時間がない。
ということで、今回はミラー素材で製作。

ミラーなので鏡のように反射します。
ステージでスポットが当たると「キラッ」と光って映えそうです。

P1010143.jpg
天井の模様が写りこんでいますが…

P1010142.jpg



格好よく出来たのではないでしょうか!

個人的には気に入っています。


オーナーにも満足していただけました。


修理の方法は色々です。

70年代のフェンダー テレキャスターデラックスのリフレット - 2012.05.23 Wed

どうやら長年窓際に放置されていたそうです。


このテレキャスター。


70年代のものなんですがね…



塗装がこんなことに!
P1010100.jpg



P1010102.jpg


ボディーはまだ大丈夫そうですが、ネックは指板面も裏側もベロベロ。

「うっかり日焼けしてしまった夏休み」のようです…



リフレットとネックのリフィニッシュで蘇らせます。

オーナーは何とか蘇生させてステージ使いたいとの事。



黒いシミは取りきれないと思いますが、その他はそれなりに綺麗に仕上がる見込み。

という感じで作業スタート!




フレットを慎重に抜いて、

ヘッドトップ面以外の塗装を剥がし、

ネックを研き塗装の下地を作る。


今回はオーナーの希望でオイルフィニッシュです。


色々な作業はあるのですが割愛して、

完成!

P1010132.jpg




P1010131.jpg



ナット交換、配線はウエスタンの60年代のデッドストック、コンデンサーはビタミンQのデッドストックに交換。

枯れたいい感じのサウンドです。

センターポジションでのカッティングが気持ち良い!



古いギターも直せば使えます!

あのキルトメイプルのギターはこんな感じです! - 2012.05.22 Tue

以前から書いているキルトメイプルの杢がバリバリのあのオーダーギターですが、

黄色系になりました。


オーナーに色見本を確認してもらうと、

「黄色で」

と言う事になりました。


写真はクリアラッカーの塗装途中のものです。
P1010137.jpg



P1010138.jpg




いい具合に仕上がってきています!



木材、パーツ、作り方、色、事細かにオーナーの「拘り」で製作されてゆくギターです。


頭の中でぼんやり考えていたものが、目の前に実物となって出てくる感動は中々味わえません。


気を引き締めて仕上げます!!



またまたHP更新しました。
リペア例に結構面白い改造を載せました、お時間があれば覗いてみてください。

↓クリック!
http://www.lovelessguitar.com

ワンオフ・ピックガード製作なんてのも気分が変わっていいもんです - 2012.05.18 Fri

楽器演奏を趣味や仕事にしていると、


「このベースいいと思うんだけど、ピックアップがハムバッカーだったらな~」


とか


「昔買ったギター3シングルなんだけど、今のバンドだと2ハムバッカーがいいんだよな~」



なんて思うことは日常茶飯事だと思います。



こういう事を思い悩み、「新しいのを買おうか」、「エフェクターで何とかならないか」、
なんて思考のループに入るのも楽しみの一つ。


色々考え、迷い、理想の楽器を演奏している自分を夢想し、現実に愕然となり、

理想を実現するための計画を練り、その理想も一週間で変わってしまったり…



楽しいですね~


無限ループですけど(笑)。




そんな時、改造でなんとかなる場合もあります。



昔から気になっているプレベなんだけど、ピックアップはEMGのハムがいい。
ルックスももう少しメタルな感じで。
ということでザグリ&ワンオフピックガード製作


P1000722.jpg


        ↓

P1000725.jpg




ピックガードを違う色の素材で作り直したい!

ピックガードの形を変えたい!

なんてことも出来ますよ~




HP更新しました。
リペア例が溜まってしまっているので、来週もUPします!

http://www.lovelessguitar.com

ネック折れの季節か? - 2012.05.16 Wed

連休が明けた先週、ネックが折れたベースが2本持ち込まれました。


同じようなタイミングで、同じネック折れ、そしてベース(機種は違いますが)。


G.W.はベースのネックが折れやすい何かがあるのか?



折れた理由は様々ですが、精神的ショックは皆同じ。







ボディーが割れたり、ネックが折れたりした楽器がLovelessに持ち込まれるのですが、

「以前からお付き合いのあるお客さんの紹介で」というパターンがほとんどです。

宣伝もしていないので、こんな工房があることが知られていないといこともありますが…

初めてのお客さんどんどん来て下さい(笑)。



何故でしょう?




聞いてみると、

ネックが折れて途方にくれていたら友人が、「Lovelessに行ってみれば直るかも」

という私にとってありがたい助言を以前からお付き合いのあるお客さんがしていただいているそうです。


そんな皆さんに支えていただいているLoveless今後とも宜しくお願いいたします。

なんやかんやで岐阜に工房を構えて5年目突入、早っ!





折れたヘッドに合う治具を製作して接着。
P1010118.jpg


補強して整形して塗装して完成!
P1010135.jpg


虎目のツキ板で化粧しました。

シングルコイル3個のギターにいい感じの特殊回路 - 2012.05.14 Mon

今日は珍しく特殊回路の話。


昔は色んな特殊回路を組み込んだものですが、

結局使わない…


使わないのに無駄にスイッチやら配線やらが増えて音が痩せるだけ~

ということで、色々試した結果ほとんどやらなくなりました。


唯一残していたのがストラトへ組んだターボブレンダー(フロントピックアップの音をリアやセンターにたしてゆく)くらいでしょうか。

僕は「切れ」よりも「太さ」を取る傾向にあります。



先日お客さんから、「3シングルでプッシュ/プルポットを使って、パラレルとシリーズを出せるなんかいい回路ない?」という要望。


そんなこんなでこんな回路を組みました。
ストラトを1ボリューム、1マスタートーン、スペシャル切り替えポット。


①プッシュ時(ノーマル時)
ターボブレンダーでリア&センターピックアップ選択時に、フロントピックアップをシリーズで足せる。
ようはダブルコイル化できる。



②プル時(スペシャル時)
フロント&リアの音は常にパラレルで鳴っている。

ピックアップセレクターで
a)フロント選択時→フロント+リアのパラレル
b)フロント+センター選択時→フロント+センター+リアのパラレル
c)センター選択時→フロント+センター+リアのパラレル
d)センター+リア選択時→フロント+センター+リアのパラレル
e)リア選択時→フロント+リアのパラレル


と、まぁこんな感じの回路を組みました。
弾いてみると、けっこう便利!!!

ノーマル時はリアにフロントをシリーズで足して、ハムバッカーぽい音でリフ!

プルのスペシャル時の3ピックアップのパラレルの音はかなりカッティング向き。
カラっとしたベルトーンで、キレキレのサウンドです。


そんなだったので、分解してあった自分のストラトに組んでみました。

P1010130.jpg

絶賛試奏OKなので、まずは音を確認しに来てください!
なかなか使えるギターになりますよ♪



そしてデモ演奏

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。