topimage

2012-08

新作「Devotion BS」 - 2012.08.28 Tue

久しぶりに新機種が完成しました。


「Devotion BS」という名前です。



Lovelessには「Corzy」というセットネックにアーチドトップのレスポールスタイルのモデルと、

IMG_0860.jpg
    「Corzy」

「Hatchet」というボルトオンにフラットトップのフェンダー系のモデルがありまして。
IMG_0990.jpg
    「Hatchet」




2モデルを止めて、1モデルで構造のバリエーションを製作する計画で「Devotion」を設計しました。

IMG_1511.jpg
   「Devotion」

改めて見ると「Hatchet」に似た感じに見えますが、実物はそんなに似て見えません。






そして今回製作したのが、Devotionのボルトオン&フラットトップバージョンです。
P1010346.jpg



P1010349.jpg




P1010347.jpg


外周の形状は「Devotion」と同じです。
でも実物を見ると、同じ形のギターに見えなかったりします。



スペックは、

*ネック:メイプル

*指板:ローズ

*ボディー:アルダー

*P.U.:フェンダーカスタムショップ ファット50's

*コンデンサー:ビタミンQデッドストック

*配線材:ウエスタンエレクトロニック60'sデッドストック

*ハンダ:ケスター44

*コントロール:1vol&1tone&スペシャル


**スペシャル機能
①リアピックアップとフロントピックアップにセンターピックアップを直列でブレンドできるターボブレンダー機能

②プッシュ&プルでセンターピックアップのON/OFF
⇒フロント&センター、リア&センター、フロント&リア、フロント&センター&リアの4パターンのハーフトーンが出力可能。



音は素直でタッチがそのまま出ます。
もう少しおまけが欲しい場合はセンターピックアップをブレンドしてハムに出来ます。
フロント&センター&リアのハーフトーンはエレアコのような音で、クリーンのカッティングやアルペジオにもってこいのサウンド!

試奏OKですので興味のある方は気軽にご連絡ください!
いろんな人の弾いた感想をお聞きしたいです(今後の製作の参考になりますので)。
スポンサーサイト

3トーンサンバースト - 2012.08.22 Wed

今回の新作は3トーンサンバーストに着色しました。


P1010341.jpg



いい感じにバフまで仕上がりました!



さて、ピックガードは何色にしようか…




来週から試奏出来ますので、どんどん工房に遊びに来てください!
(お越しになる前に電話かメールで私が工房にいるか確認して下さいね~)


試奏動画も製作予定なのでこちらも乞うご期待!




こんなネック折れが!!
P1010338.jpg

皆さん気を付けましょうね。

ギター屋の使うギター - 2012.08.08 Wed

ギター屋が自分で使うのはどんなギターなんだろう?




それで生活している人が、自分で使う物って興味ないですか?


例えば、ギター屋のギター、ゴルフ屋が使うクラブ、大工の家、バイク屋のバイクetc…


僕は結構興味があります。


自分が趣味としていることで生活している人が実際使っている物って、
もしかして、凄くいいんじゃないか!

なんて思ったりして。




僕の場合はギターやベース。

それを製作したり、修理したり、改造したりして生活している。

そんな僕はどんなギターを使っているのか?




ギターを製作する前は、最終的には自分と同じ年に生産されたヴィンテージギターを使っていた。
王道ですね!


ギターを製作し始めてからは自分で作ったギターを使っている。

が、実験的に試作した物が多く、100%自分の趣味で製作したものでなかったりする。



今回10年ぶりくらいに自分のギターを作る。


僕の好みモロ出しで少し恥ずかしい感があるが…


まぁ王道から少し外れるB級テイスト。



ボディ材は1Pマホガニー
P1010329.jpg

数年前に購入したものだが、改めて見ると凄く目の詰まった良い材。
通常Lovelessでは超軽量の材を選ぶことが多く、こいつは少し重い。
しかし、一般的には軽量な部類。


ネックもマホガニー
P1010330.jpg
今回ヘッドの角度は17°
最近は12°~14°で作ることが多かったが、今回はテンションが欲しかったので17°。

そういえば、ギターを作りはじめた頃は、深く考えずヴィンテージギブソンにならって、ヘッドの角度は17°で作っていたな~。
今はお客さんの出したい音、プレイスタイルで決めている。


P1010331.jpg
ジョイントは当然ディープです!


材のチョイスまでは結構王道。
しかし、とても一般的とは言えないマニアックな方向にこの後進んでゆく…


と考えると、やっぱそれで生活している人の道具ってあまり一般的ではないかもね!


さて、楽しみながら作ろう!

灼熱の塗装ブース - 2012.08.02 Thu

この季節は温度も高いが湿度も高い。


Lovelessは裏に山があり、湿気が貯まりやすい傾向にあることもあり、


この季節の塗装は除湿機フル回転です。



除湿機は熱風を撒き散らしますので、ブース内は灼熱です。

因みに冬は外気温と同じになりますので極寒です…



そんな辛い夏場の塗装が完了しました。


P1010312.jpg



ラッカーのトップコートが吹き終わったので乾燥させて、

研き⇒バフ⇒組み込み

と進行します。


このギターは「ここのところ、僕が出したい音」が出るように作っていますので楽しみです。





そしてHP更新しました。

例の激キルトギターの詳細です!

お時間があればチェックしてみてください♪

↓クリック
http://www.lovelessguitar.com



9/22,23のロックフェス!
出演バンドがどんどん決まってます!!!
皆さん来てね♪
SOBUTも出るよ!
↓詳細はクリック
http://treeofrockfes.fem.jp/band

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター