topimage

2013-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しいギブソンのレスポールと「自分なりの音の基準」を持つこと - 2013.03.26 Tue

常連のDilemmAの小鉄さんのサブギターです。


P1010536.jpg



珍しいギブソンのレスポールです。


アッシュトップで、真っ黒。


メタルな感じですね(極悪系)。


塗装方法はTVイエローの黒バージョン的な感じです。




依頼内容は、

①トータルメンテナンス

②配線グレードアップ

③トグルスイッチをリアVolの位置へ移動&1Vol化


ライブ専用ウエポンとして極力シンプルにという事ですね。
ちょっと重量があるので、もう少し軽量だともっと使いやすいんですけどね~

小鉄さんはベースもギターも出したい音&セッティングが一貫しています。
自分の「基準」が確立されているのでしょう。

小鉄さん、お待たせいたしました!





そして、今回のデモ演奏は「フロント・ピックアップ クランチ」です。
甘く&太くの中にもちょっとキラキラ感がある音が好きです。






僕はギターを弾く時、2弦15Fのチョーキングの音がセクシーかどうかをチェックします。
この音を出した時「グッ」と来ないギターは僕の中では☓です。
自分なりの音の「基準」を持つと楽器選びがより一層楽しくなり、
無駄な回り道をしなくなりますよ!

回り道をしなくなった分、似たような脇道を沢山発見するので、結果的に「迷う」事は同じなんですがね。










スポンサーサイト

ランディーVにEMG - 2013.03.25 Mon

ハードコアよりのメタルバンドのお客さんからの依頼です。



ランディーVのピックアップをダンカンからEMGへ交換。

電池は当然18V仕様です。

より一層のキレと音圧感です。

P1010532.jpg



P1010534.jpg




ランディーVとは全く違う音のギター「Devotion SP」、
今回はハーフトーンのクランチです。

この音も好きな音です。

キラキラ感、コンプレッション感、枯れた感がいい具合にミックスされていて気持ち良し!

ハーフトーンの音の気持ちよさ - 2013.03.18 Mon

若いころはハーフトーンなんて使いませんでした。


良さが理解らなかったんですね。





今はすごく好きです。


ちょっとコンプレッションがかかったような、キラキラした音。


弾いていても聴いていても気持ちが良くなってきます。





今回もクリーントーンは66年製フェンダー・スーパーリバーブで演奏しています。

このアンプは今から14年ほど前に迷いに迷って購入したヴィンテージアンプです。

かなりヨレヨレになってきているのでオーバーホールしたいところですが、

今の音が気に入っており、変わってしまったらショックなので騙し騙し使っています。




古くなっても愛されるギターを作らないとね。

お客さんの息子、孫に僕が製作したギターやベースが引き継がれていったら、

至福の喜びですね!



今日のデモ演奏はハーフトーン・クリーンです。



HPのリニューアル完了! - 2013.03.15 Fri

ようやくHPのリニューアルを完了しました。


すごく面倒で、好きではない作業を長時間やったのですが、
画面を見ると自分が感じた「大変さ」ほど見た目が変わっていない気がして少々残念です。


ともあれ、さきごろ完成した「Devotion SP」の詳細&デモ演奏やapnea 村上厚志氏の「Devotion B.S.」のデモ演奏をまとめたページなんかもUPしていますのでチェックして貰えると嬉しいです!


トップページの写真は前田氏に撮影してもらいました。
さすが、私が撮るより何十倍も格好いい写真を撮ってくれました♪


「岐阜」で撮影を続けたいと考えています。

寂れてきてしまった岐阜の町ですが、その町でやっているギター工房ですからね。


今年は毎月変えてゆく予定ですのでそちらもお楽しみに!


新しいHPはこちらからどうぞ!



そして「Devotion SP」の音を公開します!!
今後随時UP!!してゆきますね。


まずはリアピックアップのクランチサウンド

微妙な歪み具合でタッチが出しやすい反面、ミストーンには厳しいですね。



フロントピックアップのクリーンサウンド



いかがでしょうか?

Loveless - 2013.03.13 Wed

タイミングってすごく大事ですよね?


機を逃すと何となくそのままになってしまったり…


再開するきっかけがわからなくなったり。






私の工房「LOVELESS」はお察しの通り、My Bloody Valentineの名作アルバム「Loveles」からきています。


早いもので岐阜に工房を構えて5年になるのですが、この間にマイブラが復活したり、日本に来たり、驚くことが結構有りました。




5年前、工房を立ち上げる前に、「Loveless」をLovelessで聴こうと楽しみにしていたのですが、

いざ始まってみると、準備やら、仕事やらですっかりその事を忘れてしまったのです。


時間が2年ほど過ぎて、「そういえばLovelessを聴いていないな」と思い出したのですが、

時間が経ちすぎて何となく「Loveless」のCDをプレイヤーに乗せることが少し大事なイベント事のような気分になっていました。




そうなってくると、「何かのタイミングで聴こう!」



という展開になり、3周年か? 5周年か? 40歳の誕生日か? 


色々考えるのですが、結局決め手にかけて聴けず…



さらに時間だけが過ぎるので、もっと大きなきっかけが無いと聴いてはいけないような気持ちになるという悪循環。




未だに工房では「Loveless」を聴いていません。





タイミングって大事です。

思い立ったらやっちゃいましょう!

時間は限られているからね。



このビデオに出てくるジャズマスターはかなり素敵です。



僕はいつ聴こうかな。

ギター屋の使うギター製作記8 完成編 - 2013.03.06 Wed

ギター屋が使うギター完成編です。



まずは完成写真を見ていただきましょう。


モデル:DEVOTION SP
DSC_1041.jpg


ボディ:1Pマホガニー

ネック:1Pマホガニー

指板 :ローズウッド

スケール:ミディアム 22F

ペグ:GOTO マグナムロック


DSC_1045.jpg

ブリッジ:チューン・O・マチック+BIGSBY B5C

ピックアップ:ダイナソニック


DSC_1057.jpg
色はレスポールJrで採用されていたTVホワイトです。

バックカットを入れました。



DSC_1052.jpg
ヘッドのツキ板はウエンジです。


今回ヘッドのロゴはアトリエマークのみで「Loveless」の文字は入れませんでした。



音は「ロックンロール」です。

ルックス的にはレスポールJrやスペシャルの様な感じですが、

音はもっとフェンダー的です。



独特のペラペラ感があり、ビグスビートレモロの影響でサスティンは少なめ、

ちょっとギラついたチンピラっぽいサウンドです。



デモ演奏で音を聴けるようにする予定です。

来店できる方は試奏大歓迎です!


特殊な組み合わせのギターなので、出したことがない音が出せると思います。



DEVOTION、DEBOTION BS、DEVOTION SPと「DEVOTION」シリーズの構造のバリエーションは3つになりました。


あとはスルーネックくらいですね(製作する予定はありませんが)。


IMG_1513.jpg
DEVOTION


P1010347.jpg
DEVOTION BS



今回のを含め、この三本の外周の形は同じです。


同じ形を構造違いで展開してゆく目標を一応達成しました。


三本弾き比べるもの面白いですよ!

是非是非ご来店ください。



次はANSWER BASSのシリーズを製作します。




DEVOTION SPの写真撮影:前田達也

ギターの写真 - 2013.03.05 Tue

「ギター屋の使うギター」は完成しました。

その紹介は明日書こうと思います!

素敵なB級ギターに仕上がりました。



今日は写真の話です。

昨日、HPの大幅リニューアル用の写真撮影をしてきました。



現在もっと明るい感じのPOPなHPに改装予定で作業を進めています。

が、いざ写真を撮影し、気に入った写真をピックアップしてみるとPOP感は無く、

どちらかというと、無機質でアンダーグラウンドな感じの物ばかりになりました。


まぁ、それがLovelessの感じなのでしょう。



今回の撮影は前田達也君にお願いしました。

彼は私がギター製作学校の講師をしていた時に担任した生徒で、

ギター製作の道には行かず、仕事をしながらライブ写真やバンドのアルバムジャケットの写真などを

撮影し、何とかなろうともがいています。


ここで彼が撮影したライブ写真が見れます。
nothingman、the キャンプ、alfabeto 、その他



http://www.flickr.com/photos/bob2310/


仕事を頼みたい方は是非是非。
ツイッター:@hrdrgb2310




maeda1.jpg
ギターを撮影する前田




こんな格好で撮影していますが、どんな写真を撮影したかというと…
devotionmaeda.jpg

すごく気に入っている一枚です。


今年は毎月か二ヶ月に一回くらいトップページの写真を変更してゆく予定です。


前田君の写真にもご期待ください。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。