topimage

2015-03

セッティングはネックを基準に考えます - 2015.03.30 Mon

最新情報はフェイスブックページをチェックください!
ほぼ毎日更新しています。


フェンダージャパンのジャズベースのメンテのご依頼を頂きました。
Lovelessでは珍しい女性のお客さんです。

P1020532.jpg



大学時代は軽音でバンド活動をしていたが、就職して色々忙しく音楽から離れていたが、一年たって落ち着いてきたので再び音楽を再会するとのこと。
トータルメンテでバッチリ弾きやすく仕上げますね!





季節の変わり目と言うこともあり、メンテナンスについて私が考えていることを少し書きますね。



だいたい持ち込まれる楽器はネックが反っています。
ネックが反ったりねじれたりするのは当たり前のことで、反ったりねじれたりしていないネックは殆ど存在しません。



反ったら調整すればいいのです。
(もちろん、度が過ぎて反ったりねじれたりした物は調整の範囲外になってしまいますが。。。)



私はまずネックの状態を確認して、その楽器個体に最善であると思われる状態に調整します。
この最善の状態は、その個体によって違うので、一本一本それにあったようにしなければなりません。



その時点で、ナットが減ってしまってもう使い物にならない事が判明したり、フレットのすり合わせが必要なことが判明したりします。



調整されたネックを基準にして、各パーツの状態をチェックし、バランスをとる作業をするのです。
その過程で、調整では無理な物は交換になるのです。



楽器はバランスが大事です。
プレイヤーの弾き方で重要視するポイントも変わります。
それらと楽器個体の状態を考えて、落とし所を見つけ、そこに落とし込んでやる。



セッティングは奥が深く、F1マシンのように1回レースしたらエンジンをオーバーホールしなくてはないような、カリカリのセッティングも出せるし、お母さんの買い物車のようになるべく手をかけずに適当に長く乗れるセッティングも出せます。

オーナーの希望に沿った調整を行うと、別の楽器を弾いているかのように激変することが多いです。
弾きにくかったフレーズが楽になったり



メンテ、セッティング、大事ですよ!



気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね。






スポンサーサイト

 - 2015.03.19 Thu

最新情報はフェイスブックページをチェックください!
ほぼ毎日更新しています。



ウチには現在2匹の猫が居ます。


夏の暑い時期を除いて、日中彼らは猫ベッドで寝ていることが多いです。


私たちが部屋に居る時はそばに寄ってきて寝ていますが、人が居ない時は猫ベットで丸くなっているのです。


その猫ベッドは4個おいてあります。


古くなってきて買い足したり、ベッドの材質や大きさの違いで買い足したりで、現在は4個です。




4個あるのに人気が有るのは1個、、、、、
P1020526.jpg
明らかに定員オーバー





置いてある場所が人気の原因かと思い、置く場所を代えてみましたが、、、、、
やはりこれに入りたがります。






P1020521.jpg







これは4個のうち二番目に古くてボロいのですが、なぜか一番人気。



サイズなのか、形なのか、、、、?
買ってきたその日から大人気でした。
当時は3匹いて、全員これに入りたがりました。




何故なのか?



もしかして、この人気の謎にヒット商品や商売成功の大きなヒントが隠されているのでは!?




・・・・


・・・・


・・・・


・・・・


んなワケないか・・・・・









そんなくだらないことをぼんやり考える春。
P1020524.jpg





オーダーギター完成 - 2015.03.04 Wed

最新情報はフェイスブックページをチェックください!
ほぼ毎日更新しています。


今回製作したオーダーギターの紹介です。

オーナーは本格的にバンド活動をしている方で、操作性及び持った感触、バランスは長年使用しているアイバニーズのJカスタムのようにしたいとのリクエストでした。

(スペック)
モデル名:Andre
ボディ:フレイムメイプルトップ&マホガニーバック
ネック:柾目ハードメイプル
指板:エボニー
ピックアップ:トムアンダーソン
コントロール:1Vol、1Tone(プッシュプルでコイルタップ)、5wayレバースイッチ

P1020485.jpg


P1020491.jpg
ナチュラルバインディングが美しいです。

P1020492.jpg


P1020495.jpg
ヒールはカット加工しました。

P1020501.jpg
インレイのモチーフは「百合」です。

P1020494.jpg
ネック材は柾目のハードメイプルに虎杢がうっすら出ているものをチョイスしました。

P1020489.jpg
ヘッドのツキ板はウエンジ。
オーナーの「黒いギターが欲しい」との要望でウエンジを黒で木地着色しました。


非常にオールマイティーなギターになりました。
ジャズからヘヴィーメタルまでカバーできる懐の深さがあります。

音はタイトなローエンドで抜けがよく、音が作りやすい印象です。

これからオーナーがギターを自分色に育ててくれて、どんな成長を見せるのか見るのが楽しみです。

納品したギターを定期的にメンテナンスすると、その変わりように驚きます。
弾く人の使い方で色々な方向に変わってゆくのが面白いです。

ありがとうございました!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター