topimage

2017-07

作ります! - 2011.04.29 Fri

最近知り合いの方から、

「ギターはあまり弾けないんだけど、家に飾っておく、インレイがバリバリ入ったギターが欲しい人がいるんだ。そんなオーダーにも対応してくれるの?」

と聞かれました。




この質問の趣旨は「弾かれない可能性があるが製作してくれるのか?」


もっと言うと「ギターリストじゃないけどギターを作ってくれるのか?」


という事でした。






僕は相当「頑固な職人」と思われているようだ。

「俺が気に入った人にしか俺のギターは売らね~」、「俺のギターを使いこなせる奴にしか売らね~」的な江戸時代の刀鍛冶。


確かにギターやベースを製作する方法や技術に関して、「こうあるべきである」というポリシーはある。

「ギター&ベースブランドとしてこうありたい」というのもある。




でも、それと上記の話は全く別。

作る側と使う側は全く別。

当然製作します




ギターは道具なので「使ってなんぼ」です。

しかし、意外に思われるかもしれませんが「ギターを弾かない人までもが欲しくなるギター」を製作するのはLovelessのコンセプトの一つなのです。



オーナーが弾こうが弾かまいがそれはオーナーの自由。

「壁にかけておくだけで満足できるギター」いいじゃないですか!



弾かないから音はどうでもいいというような設計&製作はしません、普通と同じにLovelessの音が鳴る物を作ります。


「オーダー」とはオーナーの夢を現実の形にする事なのです。

そこに僕の好みや意思は必要ありません(アドバイスはしますが)。





そんな事を考えて製作していますが、Lovelessオリジナルで製作する場合は「市場」とか「トレンド」とか一切無視。

「自分が弾きたい」、「ステージで使いたい」、「レコーディングで使いたい」物を設計して製作しています。


そんな「Hatchet」のクリーントーンです。

詳しくはhttp://www.lovelessguitar.com


クリーンのフロントは結構おいしい音がします。






スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelessguitars.blog42.fc2.com/tb.php/597-4c3babc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ボディーの割れたムスタング «  | BLOG TOP |  » 「Hatchet」を製作した理由

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター