topimage

2017-11

フライングVのピックガード - 2012.05.25 Fri

お客さんから「ギブソンのフライングVのピックガードが割れました」との電話が…


どうも演奏中にシールドを踏んづけたままジャンプしようとして、

ジャック部から割れたようです。


この写真は少し加工に入ってしまっています。
P1010140.jpg


ジャックを無理やり引っこ抜いた感じで割れています!
割れた瞬間が目に浮かびます。


修理方法は大まかに二つ

①全体を作り直す

②適当なところから切断して、途中からつくり直す




今回は②でやります。

元々のピックガードが日焼けして変色しているので、②の加工の場合色を合わせるのは困難。
やるならベースと違う色または素材で製作し、その違いをデザインに昇華できれば大成功。
具体的に言うと「フェンダージャガーのピックガードと金属のコンパネのマッチング」的なイメージです。



写真の位置から切断します。
そうすれば、電気系を修理するときにも作業ししやすい!
P1010141.jpg




お客さんのライブが週末にあり、その時使いたいとのことで時間がない。
ということで、今回はミラー素材で製作。

ミラーなので鏡のように反射します。
ステージでスポットが当たると「キラッ」と光って映えそうです。

P1010143.jpg
天井の模様が写りこんでいますが…

P1010142.jpg



格好よく出来たのではないでしょうか!

個人的には気に入っています。


オーナーにも満足していただけました。


修理の方法は色々です。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelessguitars.blog42.fc2.com/tb.php/653-f07ef23a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

板と棒をネジで止めただけじゃん «  | BLOG TOP |  » 70年代のフェンダー テレキャスターデラックスのリフレット

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター