topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーカーケーブルって? - 2012.06.20 Wed

楽器とアンプをつなぐ物、


「シールド」と呼ばれるコードですね。


これでアンプとギターが繋がっているので、それを変えれば当然音は変わります。


色々試奏して決めたいところですが、残念ながら試奏できるところは殆どありません。


シールドを変えるとものすごく音が変わりますので、好みのものを試奏して選ぶと回り道しなくて済のでお勧めです(Lovelessでは何種類かは試奏出来ますよ!)。




シールドの話はまた今度するとして、



では、アンプと楽器をつなぐのはシールド、

楽器とシールド&シールドとアンプをつなぐものは?



楽器とシールドをつないでいるのは楽器の内部配線ですね。

当然のことながらコレを変えるとものすごく音が変わります。

Lovelessでの人気メニュー「配線グレードアップ」がそれに当たるわけです。

デッドストックのヴィンテージワイアーやベルデン等のハイクオリティーワイアー、それよりさらにハイクオリティーのオーディオワイアーなどなど。


この話もまた今度するとして、



アンプとシールドをつないでいるのは?

当然内部基盤やハンドワイアリングの物はワイアーなどあります。

この中で手軽に交換できて、費用対効果が高いのが内部&外部スピーカーケーブル交換です。

コピー ~ IMG_1673
(ヘッドとキャビを繋ぐスピーカーケーブル)


キャビネット内部のスピーカーケーブル及び、ヘッドとキャビを繋ぐケーブルを交換するのです。


これがまたものすごく音が変化するのです。



いままで結構な台数の改造をしてきましたが、大方ものすごくチープな配線材が使用されています(高価なアンプなんですがね…)。


なので、音圧と抜けがよく、しかしハイファイになりすぎないケーブルをトライ&エラーで色々試し良かったものピックアップしています。



高級オーディオケーブルの世界は1mで数百万円とか存在する恐ろしい世界です。


ギターやベースのアンプに通常使用されているのは1mで数十円~百円くらいのものでしょう。

なので、1m数千円レベルのものに変えると凄く具合がよくなるわけです。


ただし、色々やってみてあまりにハイファイに振られているケーブルは、
ギターやベースの美味しいところを削ってしまう感じがしましたので、
使用するケーブルのチョイスが重要です。
要は「高ければ良い」というわけでもないのです。







実際にマーシャルのキャビを開けたらこんなことに!?
コピー ~ IMG_1667



これを配線交換します。
コピー ~ IMG_1671




ベースアンプの場合はスピーカーを外して交換のパターンが多いです。
コピー ~ ebs2











色んなアンプをカスタムしました、一部を紹介します。

ハイワット
コピー ~ P1000413



マークベース
P1000292.jpg



フェンダー
コピー ~ P1000616



マーシャル
コピー ~ P1000622



バッソン
コピー ~ P1000530



ashdown
P1010215.jpg



EBS、ミュージックマン、アンペグ、etc。


「もう少し足りない何かがある」
「音圧、抜けが欲しい」
なんて人は、アンプを買い換える前に試してみるといいと思います。

試しにヘッドとキャビを繋ぐケーブルだけ変えるのもいいですよ!

こんなのとか
コピー ~ P1000092






そして「DilemmA」小鉄さんバージョン最後の動画です!
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelessguitars.blog42.fc2.com/tb.php/661-91011696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キルトメイプルの力 «  | BLOG TOP |  » メタル専用ウエポン完成!

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。