topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいギター - 2006.03.11 Sat

この前もチラっとお話しましたが、作りかけのレスポールのボディがありまして、なんとかせねばな~とはや3年。
ついに重い腰を上げ少しずつ作り始めました。

普通に作るのも面白くないのでちょっと考えてみました。
クリームのバインディングで色は黒、ビグスビートレモロを付けてペグはマグナムロック、ビグスビー装着によるテンション減を補うべくヘッド角度は17度。ピックアップはダイナソニックでいきたいところだが、既にハムのザグリが施してあるので、雰囲気重視でダンカンのSPH90。
ヘッド形状はアーム使用時のチューニングの狂いを抑えるべく弦通りをまっすぐに設計した猫のインレイのギターと一緒の形(ボディのボリューム感にヘッドが負けてしまいそうだが、実験ということでこれで製作してみようかなと)。

考えているうちにだんだんテンションが上がってきました!
今度は完成までに時間がかかりそうなので長い目で見てやってください。

ストラトはまだやっていません…


クリックお願いします。





スポンサーサイト

● COMMENT ●

毎度のヒロです。

製作の技術的な事を読んでいると、
感謝の足りない自分に気が付かされる・・・、なんて、変なことを思いました。

一曲紡ぐのに、どれだけの人の思いが結集されている事だろう。
機材、スタッフ、メンバー、そして先人達の教えを継承し・・・。

それらの結晶を我が物顔で「俺が一人で作った曲だ」なんて思うとしたら、それはフロントマンのエゴかも。
でも、心得たフロントマンはそんな風には思ってないですね、きっと。プレイヤー諸氏は、アマプロ問わず、感謝せねば。

素晴らしい作業、お仕事。読んでて元気になります。

コメント有難うございました。
私のサイトの方でレスしておきます。

ビグスビィとネックセット角

こんばんは。 Vitaです。

僕も、自宅で作っているギターを設計する際に、
ビグスビィ搭載の拡張性を考えたことがあります。

ビグスビィてカッコイイっすもんね。

しかし通常のLPのアーチと、ネックセット角度・高さ、ジョイント位置にすると、
通常のチューンOブリッジボディ直付けでは、テンションが稼げなさそうなのです。
ニールヤングとかが持っているビグスビィ付LPには、B7というユニットが付いていまして、
これはユニットのテンションバーを潜らせてテンションを得るようになっています。しかし、テンションバー付だと、チューニングの安定はどうなんだろうという不安があります。

出来れば、テンションバーの無いB3ユニットを使いたいのですが、グレッチように台座付のブリッジにしないとダメかな~と。
すると、ネックセット角、現実的にはネックセットの高さを上げないといけないかな、…と。

ブリッジあたりの弦テンション低下は、
「激しく弾くと、コマから弦が落ちる」という、F社ジャガーにあるようなナイーブさが出てしまう気がするのです。

僕は一人で結構悩みました。

ラブレスさん的にはいかがですか?

ヒロさん
私は自分が製作したギターをライブでガンガン弾いてもらえて感謝しております。わが子がステージで大暴れしている気になります。
私が製作したギターを使っている方のライブは一度は見るようにしています、それが次の製作への活力になります。

VITAさん
またまたマニアックな質問ですね~、お答えしましょう。
私はB7で製作します。おっしゃるとおりテンションが稼げないからです。テンションバーによるチューニングの不安定感は、最善のセッティングである程度は大丈夫です。
もともとビグスビーはシンクロのような使用方法ではなく、少し揺らす程度を想定されているので大きな動きには弱いですから、我慢しなければいけない部分もあると思います。
また、どうしてもB3を使うなら、指板貼り面を上げるのが常套手段でしょう、その時、リアピックアップの高さ設定に注意しないと、最大に上げても弦から離れてしまう可能性があります。

すごい勢いでギター作られてますね。ワタシもスゴイ勢いでまたジャンクに手を出しそうになってます。

あ、次元が違いましたね。シツレイ致しました(T-T)

新しく作るものを考えているときが楽しくて、一つ完成すると次の案をねってしまうのです。
忙しくなると自分のってなかなか作れないですからね~。

ジャンクの改造も想像力が大事ですよね!私も夜な夜な色んな想像を…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelessguitars.blog42.fc2.com/tb.php/68-953880b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カールコード «  | BLOG TOP |  » RAISE ENGAGE FLAG

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。