topimage

2017-09

ギター屋の使うギター製作記6 - 2013.02.22 Fri

さて、次は木地調整です。


木地調整とは、ちゃんと塗装が出来る状態に木地を仕上げる作業です。

形が変なところがあれば、木工に戻って修正し、「形」に関しては完成させます。


今回はノイズシールドもしました。


P1010510.jpg




いよいよ塗装工程に入ります。


今回はギブソンのレスポールジュニアに採用されていた「TVホワイト」に仕上げます。


TVホワイトやTVイエローというカラーについて説明すると、
白黒テレビの時代に演奏者と楽器のテレビ映りを考えて、白黒TVで発色のよいイエローとホワイトを採用したのです。
その白と黄色を「TVホワイト」、「TVイエロー」と呼んでいます。


塗装の手順は通常とかなり違います。


かなり薄く仕上げられますので、「木」の感触が強く出来ます。
弱点は塗膜が薄いので衝撃には弱い事です。




塗装の目的は、

①見栄え
②木材の保護

この二つなんですが、②に関してはかなり弱いです。
しかし、①に関しては独特の風合いがあり、僕はすごく好きな塗装方法です。
音も好みの鳴り方をしやすいですね。

P1010511.jpg

P1010514.jpg

P1010516.jpg

P1010517.jpg


目論見通りの仕上がりになってきました。

次は目止め、トップコートとまだ塗装が続きます。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelessguitars.blog42.fc2.com/tb.php/696-78436685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ギター屋の使うギター製作記7 «  | BLOG TOP |  » ギター屋の使うギター製作記5

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター