topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネック折れやボディー割れの修理が重なって持ち込まれる時期 - 2013.04.10 Wed

不思議なもので、ネック折れやボディー割れの修理が重なって持ち込まれる時期というのがあり、



今年は今がそうだ。





そして、Lovelessに持ち込まれるネック折れ&ボディー割れの修理依頼の多くが、一人の男と知り合ったことから始まっている。


ありがたい話しである。





その男、舟橋孝裕



彼については私がわざわざ語るまでもなく、ご存じの方が多いだろう。

一言で表現すれば、彼は「ベーシスト」である。



五年ほど前に、「やったぜ!!ノム杯」という野村君が主催しているライブイベントで知り合った(野村は現在"Seapus"という野外イベントの実行委員長をしている)。

もう五年も経つのか…




その舟橋君の紹介でLovelessを訪れるお客さんの案件は、その殆どがネック折れかボディー割れである。


それだけ彼の周りには、激しいステージをする演奏者が多いということだろう。



一つ例を上げると、

河本君→工藤君→etc…
 ↑
舟橋君⇒山本君⇒島本君⇒etc…
 ↓       
各務君→etc…


というように繋がってゆく。


そして、3世代目くらいになると舟橋君がこの知り合いの軸の先頭にいることを知らなかったりするので面白い。




この流れ以外にも、その世代その世代で枝分かれしており、その相関はなかなか複雑だ。




こんなのを
P1000426.jpg

↓こう直したり
P1000434.jpg




こんなのを
P1000671.jpg

P1000672.jpg


↓こうして、中に補強を入れて
P1000677.jpg

P1000678.jpg


↓こう直したり
P1000680.jpg



舟橋君の絡みでネック折れ&ボディー割れをそこそこの数直した。

でも、舟橋君本人は一度もネックを折っていないし、ボディーも割っていない。



舟橋伝説である。





今日のデモ演奏はリアピックアップのクランチサウンドです。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelessguitars.blog42.fc2.com/tb.php/708-2548afc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

palitextdestroyの河本君のギター修理の巻 «  | BLOG TOP |  »  シェクター7弦ギターのピックアップをEMGへ交換

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。