topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塗装 - 2006.03.13 Mon

昨日の疲れがとれず、見に覚えのない打撲を数箇所発見して、より一層疲れが溜まりました。

ところで、ギターやベースの塗装でラッカーを好まれる方が多いですが、その理由はなんでしょう?
かく言う私もラッカーが好きなのですが、その理由は特にネックの触り心地です。ウレタンの少し湿ったような感じはあまり得意ではありません。



ラッカーは薄く仕上げられるとか言いますが、ウレタンでもポリエステルでも薄く仕上げる事は可能です。
また、「鳴り」に関して言っても薄くて柔らかいラッカーより、薄くて硬いポリエステルの方が振動を殺さず伝えるような気がします(極薄ポリエステル仕上げというギターは見かけませんが)。

ラッカーで薄く仕上げたから木材本来の鳴りが出るのではなく、どんな塗装でも薄くしてゆけば、木材の持つ固有の振動の影響が強くなると私は思うのです。
ということは、ラッカーが好きな人が多いという事は、木材とラッカーが織り成す音を多くの人が好むということでしょうかね。
塗膜の厚さが同じでもラッカーとウレタン、ポリエステルでは音が違うはずですから。

私たちが少年時代から耳にしてきた多くのロックミュージシャンはオールドの楽器を使っています(当時は新品だったりしますが)、そういった音に憧れや心地よさを感じている人は、やっぱりラッカーに惹かれてしまうんでしょうね、私もその一人ですが…。


よろしくお願いします

スポンサーサイト

● COMMENT ●

はじめまして、ちゅりぃ、と申します。今後、ギターの調整(素人なりなんですが)のことを、ブログに書いてみようかと思ってます。
ラブレスさんに見られると、正直、ビビるのですが、いろいろ、おしえてもらえるとありがたいです。
よかったら、リンクお願いします。

おーうワタシにとっては実にタイムリーなお話で参考になります^^

ちょっと第四光進丸の件で質問させていただきたいことがいくつかあるのですが、ここで聴くことが果たしてよいものなのかどうか迷っています。なんか万が一質問コーナーみたくなってしまって、それが重荷になってしまうようだと申し訳ないですし。ご検討よろしくお願いいたします。

ちゅりぃさん
リンクはOKですよ。メンテの参考にして頂ければ幸いです。

icerocketさん
基本的に質問は大歓迎です、ネタに使わせてくださいね(笑)。
しかし、なかにはこのブログを見ていただいている皆さんに誤解を与えやすかったり、不快な思いをさせてしまう回答を書いてしまう事があるかもしれません(私の回答は私の個人的な意見であったり、感想であったりしますので)。
まぁ、そんな事を言っていたら何も言えなくなってしまうので、質問はどんどんしてください。
私は偏屈な変わり者の職人です、独善的でも仕方なし!と思ってください。
私が回答として書きたいことが、危ない話の場合はメールで回答しますので、もしよろしければフリーメールでかまわないので教えてください。
四露死苦メカドック、ワンワン!

メカドックに反応したがるキモチをぐっとこらえつつ、ありがとうございます^^

調子に乗って早速質問させていただいちゃいます。

第四光進丸のリフィニッシュなんですが、ボディの塗装をはがしオイルフィニッシュにしようかと思っております。その際、ネックの塗装もオイルフィニッシュにと考えた(ラッカーにも惹かれてます)のですが、元の塗装を剥がす事によってネック強度が落ちてイキナリ反ってしまったりしないものでしょうか。

いろいろと調べたつもりなのですが、問題アリ・ナシ両方の意見が見られ、判断できません。lovelessguitarsさんの個人的見解で結構ですのでご教授下さい。

モチロン作業は自己責任の元で行います。

ネタになりそうですかね^^;よろしくお願い致します。

icerocketさん
こんばんは。
塗装はがしの件ですが前提条件として、物を見ていないので確実な事は言えないかも知れません、一般論+私の私見でお話します。
反る可能性が高いと思います。
特に前の塗装がポリエステルの極厚とかですと、さらに反り易いと思います。
今の季節は湿気が比較的少ないので反りにくいと思いますが…少しは反ると思います。
私は別に反っても問題ないと思いますよ、だって調整すればいいじゃないですか!
勿論、「反りすぎてロッドが完全に締めっきってしまったり」、「ゆるゆるで外れてしまう」と言った場合、フレットを抜いて、指板調整からしなくちゃならないので、素人には無理かもしれませんが、そうなったらプロに任せれば良いではないですか!私もそうでしたが、イジリたいですもんね~。
本編で少々補足します。

ご回答ありがとうございます^^

オノレの素人さ加減が身にシミます。調整すればいいんですよね。新品のギターでさえ調整が必要と言われているのに、自分でリフィニッシュするなら尚更だというコトに何故思い至らなかったのか、我ながら不思議です。

おかげさまでネックはハラが決まりました。塗装剥ぎます。

シロウト相手にわざわざのご回答ありがとうございました^^これからの更新も日々楽しみにしております。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelessguitars.blog42.fc2.com/tb.php/71-f74edb26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェンダーUSAのビンストのピックアップ «  | BLOG TOP |  » ライブ

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。