topimage

2017-11

「問題があるのだが、どうしても使いたいギター」の改造依頼 - 2016.02.17 Wed

最新情報はフェイスブックページをチェックください!
ほぼ毎日更新しています
https://www.facebook.com/lovelessguitar





工房のオープン当初から通っていただいているお客さんからの依頼です。




BIOREDというメタルバンドのギターリスト小鉄氏のシャーベルなのですが、、、
現在のメインはESPで軽くて気に入っているのだが、指板がローズなところがどうしても気に入らない。
メプル指板で80年代テイストなメタルギターがいいな~



ということで、このシャーベルを手に入れたそうなんですが、とにかく「重い」
DSC00611.jpg



私の感想も「重い」



ボディはバスウッドなのですが、めちゃ重いバスウッドが使われています。


ということで、この「重い」という問題を解決すべく下記メニューにて大改造しました。



①ボディをなるべくザグって軽量化する
ピックアップキャビティーを弁当箱でザグれば、のちのちどんなパターンのピックアップレイアウトにも改造できるので一石二鳥だ。
ピックガードにS-S-SやS-S-H、H-S-H、H-H、S-Sなど色々なパターンのピックアップを搭載した物を製作すれば、着せ替え感覚で色々楽しめます(やるやらないは別としてね)

かなり大掛かりにザグるので音はかなり変わると思われます。
セミホローのような感じになるので、ちょっとチープでパコパコしたような感じが出る可能性があります。

②ピックアップをリアにEMG81一発の18V仕様

③ノイズ処理

④トータルメンテ

⑤ピックガード製作



さて始めます!


三角定規を冶具代わりに組み合わせて掘り、曲線部分はフリーで掘り進めます。
DSC00614.jpg

DSC00616.jpg



元々は裏ザグリ+裏パネル仕様でしたので、表からザグればコントロール部は貫通しますね。
ちょっぴりドキッとしますね。

しかし、これだけ削るとかなり軽くなりました。
これならオーナーの意向に沿った仕上がりにできそうです。



ノイズ処理を行います。
DSC00617.jpg



ピックガードの型紙を製作し、それを元にピックガードを製作します。
DSC00615.jpg
ネック、ボディ、ピックガードのセンターはきっちり合わせましょうね!


こんな感じになりました。
DSC00620.jpg
80年代メタルの香りが濃厚な一本です。
この感じが好きな方って結構多いんでしょうね~
黒ボディにつや消し黒のピックガードが何ともいえませんね。

音のほうはというと、やはり少しパコパコ感はでますが、メタルバンドでゲイン高めの音で使うことが前提なので、全く問題ありませんでした。
音の部分が問題なければ、軽いほうが当然ステージで使いやすいので、良い結果が得られたと思います。




気に入っていただけたようで何よりです!
これで邪悪なリフを弾きまくってくださいね♪
DSC00625.jpg
小鉄さんいつもありがとうございます!
今後ともよろしくお願いいたします。





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelessguitars.blog42.fc2.com/tb.php/781-6bccd784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オーナーの思いを受けきれるか «  | BLOG TOP |  » テレキャスターシンラインのボディ割れ(バズマザーズ 山田氏編)

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター