topimage

2017-07

甘美な世界 - 2006.03.28 Tue

みなさんはギターやベースを手に入れたら何をしますか?
もちろん弾きますよね、それはもっともな話でもちろん私も弾きます。

ただ、弾いていて気に入らない所が出てくるのが人間の性、その場合どうするか?

楽器屋さんに相談するのが一般的なところでしょうか?
私はプロとしてギター製作を飯の種にしておりますのでもちろん自分でやります。

自分が素人だった時の事を思い返すと、なかなか高価なギターを自分でイジる勇気が出ず、楽器屋さんに相談したり、見てみぬフリをしたりしていたものです。



職業として楽器に携わってきて思ったことは、全部が全部素人が手を出せないわけではないということです。

ただし、楽器のあるべき姿やある程度の原理や構造を理解しておく必要がありますが。

いきなりフレットの打ち替えは無理にしてもネックの調整やナットの交換時期の見極め程度なら原理さえ理解していれば自分でやることも可能でしょう。
(自分でナット交換やフレットの打ち替えをしている本気な人もいるでしょうけど。)

それでは手始めに何をやろうか?
やった後に違いが良くわかり、難易度が低いものが良いでしょう。

お薦めは、「シールドのハンダを付け直す」です。
ギター本体の話ではないですが、結構面白いですよ。
勿論シールドを自作するのも難易度は変わりませんが、お金がかかります。

まずは、今もっているシールドのハンダを付け直してみて、音の違いがわかるようなら、高価な線を買って自作したり、高価なシールドを購入すればよいと思います。

ここのポイントは、ハンダをケスターやアルミットなどの比較的評判の良いものを使用することです。
財布に余裕があればプラグも替えて見ましょう。

昔試しに、しょぼいシールドを真っ二つに切り、ハンダを変えたものと、変えないものをつくり、音の違いを聴いてみました。

かなり変わりました。
ただし元の線がしょぼいので、絶対的に良い音だ!というのではなく、ノーマルと比べると劇的に良い!という感じです。

どうですか、やってみませんか?

そして改造の泥沼へと共に落ちてゆこうじゃありませんか!
めくるめく甘美な世界があなたを待っています…。


一票投票お願いします。



スポンサーサイト

● COMMENT ●

泥沼、お供させていただきます^^;

ようこそ

icerocket様
ようこそ甘美な泥沼の世界へ!
あなた様の日ごろの言動をお見受けする限り、もうすでに首までどっぷりとつかっているご様子。

この先はさらにディープな、重箱の隅をつつくようなエリアに入ります。

神のご加護がありますように…。

泥沼!

ぼくもお供させて頂きます(笑)。

最近、ギタービルダーにとって重要なことって何?て、思っています。
いろいろとあるでしょうが、そのうちの一つに、耳の良さがあるのかな~と。

そのうち、そんなネタをお願いします。

VITAさん
旅は道ずれです。
泥舟大船に乗ったつもりで行きましょう!

耳については、良いに越したことはないですね~
今度書いてみます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelessguitars.blog42.fc2.com/tb.php/81-2229f6ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

売るほどあります «  | BLOG TOP |  » 木製エスカッション

プロフィール

Loveless

Author:Loveless
ギター製作家。
1969年岐阜県生まれ。
横浜国立大学大学院工学研究科卒業後、豊田通商㈱入社、貿易業務などを担当するも退社。
ギター製作学校に入学し卒業後、同校の講師を務め独立、
ギター&ベース製作・修理工房「LOVELESS」を立ち上げる。

音楽とバイクと猫をこよなく愛する。

↓工房のHPはこちら↓
http://www.lovelessguitar.com/

↓毎日更新Facebookページ↓
Facebook


↓工房の地図↓
工房住所:岐阜市日野東7-12-8

↓問い合わせ↓

最近の記事+コメント

カテゴリー

Twitter

@loveless_guitar

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2カウンター